大人の発達障害専門外来のご案内

     発達障害はADHD(注意欠陥多動性障害)と自閉症スペクトラム障害が主たるものです。

     これらは生来の脳機能の特異性を示し、ADHDでは多動(落ち着きの無さ)、不注意が併存し、片付けや整理整頓ができない、失くしもの、忘れもの、予定管理ができないなどの症状がありパニックを伴うこともあります。

     自閉症スペクトラム障害では対人関係・社会性・コミュニケーション障害、物事への強いこだわりや感覚過敏などが併存し、柔軟に考えたり環境変化への対処が困難な事も特徴です。このようなケースは就学や就労の場で適応が困難になる事が多く、失敗体験の繰り返しから本人は辛い思いをしています。

     治療にはご本人に合ったお薬を使う方法とともに、生活の自己管理ができるように心理士による生活指導も行います。

     大人の発達障害専門外来は予約制になっておりますので、まずはお電話でお問い合わせください。

 
  • 診察日:月、火、水、木曜日(金曜日は午前のみ)
  • 診察時間:午前9時00分~12時00分、午後1時00分~4時00分
  • 担当医:一ノ瀬 真琴

コメントは受け付けていません。