病棟のご案内

1病棟

アルコール依存症と向き合い社会復帰に取り組むことを目指す開放病棟です。
病棟での規則正しい生活が、退院後の断酒継続につながることを自覚し、 自主性・協調性・社会性を身につける療養を行っています。

病棟内椅子なし

東2病棟

入院を受け入れる西3病棟と、社会復帰を目指す1病棟をつなぐ「架け橋」のような役割を担います。
開放的な環境に慣れていただけるよう援助しています。

西2病棟

身体合併症を主とした医療看護を行う病棟です。
高齢や寝たきりの患者さんが多くおられるので、安心して療養生活が送れるように援助しています。

東3病棟

アルコール性認知症状や高齢の方で、日常的生活動作の援助が必要な患者さんの療養を行っています。

西3病棟

急性期の入院患者さんを受け入れる閉鎖病棟です。
離脱症状などアルコールに特化した症状を緩和できるよう、ゆったりとした環境を整えています。症状が改善したら、アルコール学習会が始まります。

st004c

5病棟

女性専用の病棟です。
閉鎖病棟(急性期)では、心身の安定と身体症状の改善を図ります。
開放病棟では、アルコールの問題について学習し、社会復帰に向けて断酒治療を行います。

コメントは受け付けていません。